地震に強い住まい

地震に強い住まい

テクノビーム

家族と住まいの「ずっと」を築くために

地震に強い住まいを実現するテクノストラクチャー工法

テクノストラクチャーは、木造住宅の要となる梁と接合部を、オリジナル部材で徹底的に強化したオリジナル工法。独自の構造計算システムで、住宅の設計時には一棟一棟災害シミュレーションを行なっています。

木と鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱※1の1.5倍の強度を持つ集成材柱※2でさらに耐震性を高めています。
※ 1 ムク材:平成12年建設省告示第1452号に定める「すぎ」無等級材。
※ 2 集成材:平成13年国土交通省告示第1024号に定める強度等級E95-F315集成材。

ひろびろ空間の秘密

もしもの災害をシミュレーション

自動躯体設計システムによる高度な構造設計を全棟で実施しています。
住宅は建てた後で耐震診断をしても手遅れ。災害による建物へのダメージを、設計段階でシミュレーションします。

構造計算

緻密な構造計算

(災害シミュレーション)を実施

大地震・台風・豪雪に耐えられる家かどうかを事前にシミュレーションします。補強が必要ならば改善を重ね、すべての項目がOKになるまで「何度でも」チェックを行います。

綿密な構造計算

実大震動実験で立証

テクノストラクチャーの構造仕様は、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを5回にわたって加える実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

「強い家」をすぐれた施工でさらに確かに 施工品質

すぐれた強度や耐震性も、確かな施工で建てられて初めて誇れるもの。だから、テクノストラクチャーは、徹底してその施工品質にもこだわります。テクノストラクチャーの家を建てられるのは、所定の研修を終了した各地域のハウスビルダーだけです。

施工品質

建設の現場は、パナソニックESテクノストラクチャーによる所定の研修を終了し、認定を受けた技術者が管理。認定取得後も、定期的な勉強会に参加し、最新の情報や知識を取得し、確かな施工品質の維持や施工管理レベルの向上を図っています。

施工品質の現場