お客様に寄り添い、笑顔のスパイラルを生み出したい

こんにちは、ワンズホームの東郷です。前月に引き続き、私自身の家づくりに関する思いや夢についてお話したいと思います。

以前に私が不動産の仕事を始めたきっかけは、高校時代にあるというお話しをさしあげました。それからワンズホームという会社を設立して、早くも15年が経とうとしています。おかげさまでこれまでにも多くのお客様からマイホームのご相談、ご注文をいただき、その施工に携わってきました。

やはり毎回思うのは、すべてのお客様には実現したい「自分の家」があり、一棟たりとも同じ家は存在しないということです。

工務店やハウスビルダーには、おおまかに2つのタイプがあると思います。

ひとつは、比較的手頃な価格でスピーディーに家を建てて、広くお客様の支持を集めていくタイプ。もう一方は、常に市場のニーズや、相対するお客様の声に耳を傾けて、一棟一棟大切に理想の家を造っていくタイプではないでしょうか。

少しざっくりと分けすぎたかもしれませんが、ワンズホームは間違いなく後者だと考えています。常にお客様の家族構成や、将来像、実現したい暮らしなどを丁寧にお聞きし、それをベースにオンリーワンの個性ある住まいをご提案してきました。大手のハウスビルダーのように、マニュアル通りに造ればスピードは上がるでしょう。しかし、それではお客様ひとり一人の気持ちに向き合ったことになるのでしょうか。

お客様と会話を重ね、自身たちの腕に慢心せず、マニュアル以上の知恵や工夫を重ねた上で、初めて家は良いモノになっていくのだと思います。

そして、もし100人のお客様がいれば100人の方から「ワンズホームさんにお願いして良かった!」と言われること、これが私の夢です。こうして胸を張って報酬をいただき、それによって弊社の社員や関わっていただく職人さんが、困らずに仕事に精を出せる。それによって、またワンズホームが良い家を造ることができる。

こういった“皆が笑顔になる”スパイラルができていけば、これ以上にうれしいことはありません。

ワンズホームは10年後、20年後も新築に勝るとも劣らない品質の維持を目指して、今日もお客様と二人三脚の家づくりを進めて参ります。今後ともよろしくお願いします。